読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーズに憧れてアニメ脚本家になるまで。

当ブログの記事内容を転載するのは結構ですが、内容や筆者を偽るような改変はお断りしています。

【ポケモン考察】ディアンシー=地球外生命体説について

※はじめに、この記事ではゲーム「ポケットモンスターXY」及び映画「ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー」におけるテキストや描写についての言及を多分に含みます。予めご了承ください。

 

 

図鑑No.719 ディアンシー

f:id:first1178:20140909184355g:plain

 周知の通り非常に可愛らしい見た目のポケモンであり、ダイヤモンドを自ら生み出す能力があると言われている。

 この幻のポケモンについて抱いた疑問や謎について、現段階で明らかにされている範囲内で考察していきたい。

 なお、この記事に書くものは全て仮説の段階でありポケモン制作側とは何の関係もないということをここに記しておく。

 

1、ディアンシーヒャッコクシティの時計台

 まず、筆者がディアンシーと地球外生命体を結び付けるに至った最初の問題である。

 こちらのゲーム内の写真をご覧いただきたい。

f:id:first1178:20140909195210j:plain

 これはポケモンXYのゲーム内、ヒャッコクシティに存在する「謎の日時計」と呼ばれる非常に大きな物体(以下、日時計)なのだが、よく見てみてほしい。何かに似てはいないだろうか?

 お察しの通り、この日時計ディアンシーにとてもよく似ている。もっと言ってしまえば、ディアンシーがこの日時計に似ているのだ。まるで、日時計の欠片が零れ落ちてポケモンになったかのように。

 そして、この日時計にはゲーム内でこういった描写がなされているのである。

日時計としてそびえる謎の物体は宇宙から落ちてきたともいわれている」

 

2、ディアンシーはどうやって生まれてきたのか

 ゲーム内のポケモン図鑑では、ディアンシーは「メレシーの突然変異」と書かれている。

 果たしてそれは本当にそうなのだろうか?

 ポケモン図鑑とは、あくまでも学者から見たポケモンについての見解が載せられているに過ぎず、また正しいことが書かれているという保証はどこにもない、という見解がある。

 筆者もまた同感の意である。

 現段階において、ポケモン公式側の提示する情報に「ディアンシーが生まれる瞬間」という情報は存在せず、この部分においてはある程度の予測が許されると解釈できることは明白である(事実、ゲーム内にてディアンシーは「誕生の確率もそのメカニズムも未だすべてが謎に包まれた存在」と称されている)。

 よって、ディアンシーヒャッコクシティの日時計から生まれたポケモンなのではないかと、筆者は推測する。

 

3、なぜディアンシー日時計から生まれたのか

 デオキシス、という宇宙からやってきたポケモンが存在する。

 デオキシスは元々あのような姿で地球に飛来したわけではない。隕石に付着していた宇宙ウイルスと呼ばれる物質が地球上でレーザーを浴びたことにより誕生したポケモンである。こちらの情報についてはアニメ版にて明確な描写が存在する。

 前述の通り、日時計がもしも宇宙から飛来したのであればディアンシーデオキシスと同じように何らかの現象によって誕生したのではないか、というような推測を立てることができる。

 

4、なぜ宇宙からやってきたと推測するか

 ゲーム内で触れられているとは言え、あくまで伝聞の形でのみの描写とされているにもかかわらずなぜ宇宙からやってきたと言う根拠に至ったのか。

 それはゲーム内に以下のような台詞が見られたためである。

ヒャッコクの日時計と呼ばれる謎の物質あるよね

最先端科学でも絶対に壊せないらしいよ」

 「日時計といわれる物体……今の技術では造れないって

昔の人とポケモンはどうやって造りだしたのかしら?

それとも伝説ポケモンの不思議な力なのかしら……?」

 絶対に壊せない、という言葉とディアンシーを結び付けるワードに「ダイヤモンド」が浮かぶ人もいるだろう(現実ではダイヤモンドを破壊することは可能だが)。

 しかし、ポケモンの世界にはダイヤモンドを指す「金剛玉」というアイテムが複数個存在している。

 にもかかわらずポケモンの世界においての技術を見るに「ダイヤモンドが造りだせない」「ダイヤモンドが破壊できない状況である」との判断は難しく、日時計≠ダイヤモンドであると言えよう。

 逆説的に、日時計>ダイヤモンドという階級的解釈が可能となる。

 日時計ディアンシーを生み出し、ディアンシーがダイヤモンドを生み出すと考えるとポケモンの世界の生物学的にも筋の通った話になる(例として、マナフィメタモンを育て屋に預けると劣等種族であるフィオネが生まれるという事案が存在する)。

 そして、仮にその序列が存在するのであれば「地球上では造ることができないダイヤモンドよりも硬い日時計」は他ならぬ宇宙からやってきたと推測するのが妥当と言えるのではなかろうか。

 

5、日時計とメガストーン

  ポケモンには「メガシンカ」と呼ばれる特殊な変身を戦闘中に行う種類が幾つか存在している。

 メガシンカにはメガストーンと呼ばれるポケモンの種族ごとに対応した石のアイテムが必要となり、そのような石の多くは普段は目視できない姿で街やダンジョンに落ちている。

 そのメガストーンを目視できるようにする力、延いてはメガストーンそのものと深く関係しているだろうと描写されているのが、ヒャッコクシティの日時計だ(メガストーンは日時計の欠片なのでは?というような事柄もゲーム内では仄めかされている)。

 

6、メガストーンとメガディアンシーについて

 前述のメガシンカだが、ディアンシーにもメガシンカは存在する。

 がしかし、ディアンシーと他のメガシンカが可能なポケモンには大きな違いが少なくとも一つ、存在している。

 それは、ディアンシーは自分のメガストーンを自ら生成することができるという点である。

 映画「ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー」においてディアンシーメガシンカを行い、メガディアンシーへと変貌を遂げる。

 その際に使用されたと思しきメガストーンは、事前にディアンシーがユリーカに手渡していた自ら生み出したダイヤモンド。

 そう、ディアンシーはメガストーンを生み出す能力までもを備えているのである。

 そこで、先の日時計とメガストーンについての因果関係を思い出してみてほしい。

 仮にメガストーンが日時計の欠片だとすると、「メガストーンを生み出す日時計」「自分のメガストーンを生み出すディアンシー」これらの似通いは、果たして出来の良い偶然であろうか。

 

7、日時計の輝きとディアンシーの輝き

 日時計とメガストーンの関わりの一つに、メガストーンを発見できる時間帯(毎日20~21時)になると日時計は眩いばかりの光を発するという現象が起こる。

 一方、ディアンシーはゲーム内で以下のような説明がなされている。

ディアンシーは美しさの代名詞たるポケモン

その身体は究極のバランスで光を吸収しこの世の奇跡と呼ばれるほどの輝きを放つといわれます」

 そう、ディアンシーも発光現象を行うのである。まるで日時計のように。

 「ヒャッコクシティの日時計は、日中の太陽の日差し、光を吸収し、そのパワーで日が沈んだ後の20~21時に渡って発光を行う」仮にだが、そう考えてみるとなぜあの時間帯に日時計が発光するのか納得できないだろうか。

 

 以上、7つの理由をディアンシー日時計における重要な関連性を示すものとし、ディアンシー=地球外生命体説を提唱させていただきたい。

 

P.S.

 異論等、何か意見がありましたらTwitterアカウント「@first1178」までお願いいたします。

 本当は同人誌か何かで使おうと思っていたネタなのですが、そっちの方に手をつけるにはしばらく時間がかかりそうなのでこちらに公開してしまいました。

 この記事をお読みくださった方々が少しでもお楽しみいただけたのであれば幸いです。

 最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

 

ポケモンXYでのまるいおまもり入手について

※この記事はポケモンXYでEDを迎え、カロス図鑑を完成させてまるいおまもりを入手したい方へ向けた記事です。極力ネタバレは伏せて書きましたが、当然ED後のイベントにも触れるため、どうしてもネタバレに触れてしまう可能性があります。当方では責任を負うことができかねますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今作では孵化厳選が非常に簡略化されたため、長い目で見るとまるいおまもりが非常に強力なアイテムとなってきています。そこで今回は、まるいおまもりが必要だ、ほしいという方向けにその入手方法、及び入手までの時間を短縮するためのちょっとしたテクニックをちょっとだけ載せようと思います。現時点では詳しい攻略情報は攻略本待ちですが、調べた情報は載せていきたいと考えています。

まず、まるいおまもりを入手する方法ですが、これは単純で「サンダー、ファイヤー、フリーザー、ミュウツー以外のカロス図鑑のポケモンをすべて発見した状態でミアレシティのプラターヌ博士に3種類のカロス図鑑を見せること」です。

「見つけるだけでよい」「カントー地方の伝説のポケモンは必要ない」という点がポイントですね。

次に、図鑑に載せづらいポケモンを載せるためにやっておくと良いイベントですが、以下の通りとなっています。

 

大前提として

殿堂入り

キナンシティでライバルを倒す

は終わらせておいてください。

やっておくといいイベント

ミアレシティでレストラン・ド・キワミ、風俗寿司屋レストランローリングドリーマーに入店しバトルを行う

ミアレシティのハンサムイベントでウソハチワルビアルが図鑑に載るところまで

・バトルシャトーをある程度(銀の招待状が出せるあたり)まで進めておく

※バトルシャトーに関しては進めてあれば後述の図鑑に載せづらいポケモンがいくつか出てくる報告もあるのであくまで最低限ということで。

・逆さバトル(後述のとあるポケモンを図鑑に載せるために使える。非常に重要)

・ショウヨウ、クノエ、ヒャッコクにあるカフェのカウンター席巡り(1日1回見せてもらえるポケモンが変わるので毎日通うのが吉)。テーブル、テラスだとカロス以外のポケモンも見せてもらうことができます。

 

 

この他にもストーリーでトレーナーを数多くスルーしていると辛い場合があるかもしれません。トレーナーは見逃さないようにしておきたいですね。

次は何より気になるであろう図鑑に載せづらいポケモン達の紹介ですが、今回はGTSが大幅な強化を受けており、目的の交換まで非常に辿り着きやすくなっています。行き詰ったときはGTSを使うことを推奨します。

図鑑に載せづらい(と思われる)ポケモン一覧と主な発見方法

ハリマロンフォッコケロマツ】普通に進めていると、サナの使ったポケモンはもらうことができますが異性ライバルの選んだポケモンは図鑑に載りません。解決法としては、フレンドサファリで進化系を手にいれてタマゴを孵す、別のプレイヤーに載せてもらう等がオススメです。

フシギソウ・リザード・カメール】プラターヌ博士の手によって意図的に図鑑に載らないようにされたポケモン達。しかし幸いなことにフレンドサファリで速攻で出てくる(2匹目枠なので)ので友達を増やしてみてください。

ラフレシアキレイハナ】どちらもバトルシャトーで相手トレーナーが出してくるのが確認されています。石が余っているなら進化させた方が圧倒的に早いのでそちらを推奨します。

タブンネ】意外と野生では出てきにくかったりする珍しいポケモン。しかしバトルシャトーやサファリで簡単に図鑑に載せることが可能なのではやいうちに登録しておくことをオススメします。ちなみに図鑑ナンバーはセントラルカロスの123。

【ゴンベ・マクノシタ・ソーナノ・ディグダ・ウパー・ゴース・チョロネコポチエナミネズミハスボー・ブイゼル・コイル・ビリリダマウリムードッコラー・サンド・イトマルオニスズメ・ホーホー・ププリンカゲボウズ・ゾロア・ゴチムモノズ】なんとこれらすべてが孵化限定ポケモン。孵化を助けるためのアイテムであるまるいおまもりを手に入れるためにまず孵化をしろというゲーフリからのありがたい設定なので喜んで孵化していきましょう。これらのポケモンのうち、いくつかは前述のカフェのカウンター席を利用すると図鑑に載せることができるためやっておくと効率的に図鑑を埋めることができます。

ボーマンダガブリアス・カイリュー・ムクホークボスゴドラバンギラスゴチルゼルベロベルト】自力で進化させなければ図鑑に載せることができないうえに進化まで少し時間がかかると思われるポケモン。自力で進化させるなら、GTSで進化前のポケモンを海外から輸入し、効率よく経験値を稼ぐ方法を強く推奨します。

ドサイドン】先述の「さかさバトル」においてここでのみ存在を確認されているポケモンで、進化に手間がかかるためなんとしても図鑑埋めのためにさかさバトルで出会っておきたいポケモン。リセットすれば手持ちを厳選できるので、ドサイドンが出るのをしぶとく狙うのが重要です。

ヌケニン】こちらもさかさバトルでの出現のみが確認されています。進化自体は比較的簡単な部類に入るポケモンなので、ドサイドンが埋まっていないなら進化させた方が労力は少なく済むかと。ちなみにさかさバトルの仕様でちょっと面白いことになっているポケモンの1匹なので出会うと少し厄介かもしれません。

シャワーズ・サンダース・ブースター】こちらもさかさバトルで存在を確認されています。しかし、さかさバトルでの発見優先順位はドサイドンの方が圧倒的に高く雷の石はともかく水の石と炎の石は大量に購入できるため、進化させた方が基本的には早かったりします。

マグマッグ】13番道路で岩砕きを使うことによって出現するポケモンですが、マップ上に砕ける岩があまりない点には注意が必要です。ミアレシティ側ゲート付近のアイテムを塞ぐ岩を砕くのが楽かと。

グライガー】19番道路で群れバトル限定で出現します。あまいかおり、あまいミツを使うと雨天時以外なら必ず群れバトルになるのでそちらがオススメです。

【スバメ】今作での図鑑完成にあたって最も大きな難関となり得るのがこのポケモン。8番道路での群れ限定出現ポケモンですが、とにかく出現率が低くあまいかおりを使用しても1時間以上かかることもあるため覚悟して探しにいきましょう。

【ハンテール・サクラビス】ハンテールはX、サクラビスはY限定で12版道路ですごいつりざおを使うことで稀に出現します。交換して図鑑に載せてくれる別バージョンの友人を見つけておくことを推奨します。

ゼルネアスイベルタル・ジガルデ】

GTSで適当なメタモンを流せば手に入ります 

 ゼルネアスイベルタルはお互いのソフトで手に入れた個体を交換しなければ逆のバージョンのは図鑑には載りません。ジガルデに関しては、例によって例のごとく殿堂入りで復活する仕様なので一度出会って倒すなり逃げるなりすれば何も問題はありません。

 

以上に挙げたポケモン達が特に図鑑登録に事前知識が必要だと思われるポケモン達です。

今回の地方ポケモン図鑑はこれまでとは比べものにならないレベルで数が多いのが特徴ですが、一時的に互換が切れている今だからこそ前作からポケモンを連れてくるのではなく純粋にカロス地方を駆け回って図鑑埋めを精一杯頑張ってみるという楽しみも生まれています。ポケモン対戦もいいですが、初心に帰ったつもりで今一度ポケモンを集めてみるというのも非常に楽しいのでぜひ楽しんでポケモンXYを遊びつくしてみてはいかがでしょうか。

この記事でより充実したポケモンライフを送れることになれば幸いです。