オーズに憧れてアニメ脚本家になるまで。

ぽけりんへの転載はやめてください

【C91】12月30日のコミケ東地区“L”ブロック-50aにてサークル参加します

突然ですが、今年のコミケ(C91)の2日目にてサークル参加することになりました。サークル名は「COUSCOUSSIER」。「クスクシエ」って読んでね。

 

サークル参加は2回目となります。今回は12月30日東地区“L”ブロック-50a、所謂「ポケモン島」と呼ばれる中での配置です。ちょうど一か月後ですね。

 

続きを読む

【サンムーン考察】モーン博士とエーテル財団とポケリゾートの関係性について(ネタバレ注意)

・はじめに

 この記事には「ポケットモンスター サン/ムーン」における重大なネタバレ(クリア後イベント含む)が含まれている可能性があります。予め理解したうえで読み進めてください。

 

 

 この記事は、タイトル通り「ポケットモンスター サン/ムーン」においてモーン博士やエーテル財団、そしてポケリゾートとの関係性をできる限りまとめ考察したものです。解釈によってはここが違うのではないか、ということも当然起こり得るため、鵜呑みにはしない方が良いと思われます。

 

続きを読む

このアニソンの歌詞がすごい!5選解説~2015年版~

この記事は、別に全てのアニメを観ているわけでもなく観てきた全てのアニメを好きになるわけでもない筆者が独断と偏見のみで良いと感じた歌詞のアニソン(2015年にCDが発売していることが条件)を勝手にオススメしていくだけの年忘れ用の駄文である。

 

 今回は目安として評価軸を大きく5つ設け、それぞれ10点ずつ計50点として簡単に評している。が、間違ってもこれらは優劣をつけるためのものではなく紹介の目安でしかないということは覚えておいていただきたい。

 

 歌詞に対する評価軸はそれぞれ「聞きやすさ」「普遍性」「キャラクターの表現」「世界観の表現」「アニメのテーマとの繋がり」の5つ。

 

続きを読む

「バブみ」という言葉に母親を殺された人間の話

 これは僕の狂った友人の話だ。

 

 2015年、ネット上で大きな賑わいを見せた「バブみ」というワード。2次元の女性キャラクターに母性を見出すという新しい方向性の萌え文化を切り開き、話題となった。

 

 しかし、いいことばかりだったわけではない。

続きを読む

コミケ88で出会った素敵な同人誌たちを紹介するぜ!【ポケモン編】

 コミケ88、サークル及び一般問わず参加された方々は本当にお疲れ様でした。

 自分はというとこちらの本↓

first1178.hatenablog.com

 をコミケ1日目に参加して頒布していたのですが、おかげさまで初サークル参加にして完売を達成することができました。なんともありがたいお話ですね。足を運んでくださった方々、本当にありがとうございます。ポケモンよりもえとたまの話ばかりしていてすみませんでした。

 

続きを読む

コミケ88にて新刊「ポケットモンスターif」を頒布します。

f:id:first1178:20150810151254p:plain

 こちらが目印の表紙。イラスト、そしてデザインは友人の蟹君に担当していただき素晴らしいものが出来上がりました。ありがとう。

 

 今回はコピー本でだいたい16ページになる予定(実はまだこれを書いている時点で印刷作業が終わっていない)で、頒布価格はおそらく300円かと思います。

→印刷無事終了しました。色々あって20ページのコピー本になりました。でも頒布価格は相変わらず300円で確定となりました。初製本でしたがまあいい感じになったかと思いますので、ぜひ立ち寄って行ってみてください。

 

 内容は今回の「もしもこうだったら」というテーマに従って考察記事が2種類、そしてその考察を基にしたヒガナが主人公の1人称小説が1本となります。ひたすら文字だけの記事と小説で16ページなので、情報量もかなりのボリュームになっているかと。

 頒布はコミケ1日目の金曜日、東W-39bで行います。東2ホールのゲーム島ですね。近くに東京大学ゲーム研究会さん等有名なサークルさんもいらっしゃるので、そのついでみたいなノリで覚えていただければ幸いです。

 

 ここからは少し頒布物の内容について詳しく。

1、「フーパは平行世界を移動できるのか?」

 考察記事です。主にフーパというよりはORASと時系列についてのお話と言った方が伝わりやすいかも。じゃあなんでそのタイトルにした。

2、「XYと北欧神話伝説Z」

 2つ目の考察記事。拙いながらも北欧神話とZ(仮)の予想を書いたり仮面ライダー鎧武の余談を書いたりしています。書いていた際に余程切羽詰まっていたのか、1つ目に比べるとだいぶノリが軽いです。

3、「明日への帰り道」

 これまで僕がブログやTwitterに書き込んでいた考察だったりを踏まえて制作した小説です。シナリオ畑の人間なので小説小説した小説ではないかもしれませんが、一応大事だなと思うところはちゃんと表現したつもりなので読んでいただけたらと思います。

 中身はヒガナが主人公の一人称小説で、まだシガナとヒガナが一緒だった頃の過去話。当然ながらシガナは公式キャラクターではないので、事実上のオリジナルキャラみたいになっています。エピソードデルタを読んだ自分からの受け答えのようなものを描こうと思って書きました。

 ちなみにpixivに上げたサンプルがこちら↓

www.pixiv.net

 サンプルの方もよろしくお願いいたします。

 

 そんな感じの僕の人生初の同人誌「ポケットモンスターif」は1部300円(予定)、コミケ1日目の金曜日、東W-39b、サークル名「COUSCOUSSIER」で頒布予定です。ぜひぜひよろしくね。製本作業が上手くいくように祈っておいてね。

 何かあったらサークル主のTwitterアカウント(@first1178)までよろしくお願いします。

 

P.S.

 サークルカットには「ポケモンシコ総評まとめ出したい」みたいなすごい頭悪そうなこと書いてたのに全然違う本になっちゃってごめんなさい。でもシコ総評まとめ本出すよりも結果的にだいぶ労力のかかる本を作ったのは事実なので、楽しんでいただければなと思います。

エピソードデルタに見る、デオキシスの新たな生態と可能性について【ポケモン考察】

 デオキシスというポケモンがいる。

f:id:first1178:20150520013716g:plain

  全国図鑑No.386、ゲームのバージョンによって様々だが「宇宙から飛来した隕石に付着していたウイルスがレーザーを浴びて誕生した」といった旨の説明が図鑑内では多く見られる。

 また、ポケモンシリーズで最初にフォルムチェンジを行ったポケモンである。

 

 ORASが発売されるまでは、ポケモン本編のゲームにおいて捕獲が可能なデオキシスは配信アイテムの「オーロラチケット」を使用してのみ行くことのできる誕生の島に登場する個体のみ。そのため、所謂「幻のポケモン」と呼ばれ分類されていた。

 

 本編以外でも、外伝的作品のポケモンレンジャーやアニメ映画等において宇宙からやってきたとされるデオキシスの存在が複数確認されており、デオキシス幻のポケモンでありながら同時に何体もの個体が存在していることが明らかになっていた。

 

 以上がエピソードデルタまでのデオキシスに関する基本情報だ。

 そして、後はご存じの通りORAS発売によりデオキシスは通常入手が可能になったのだが、記事タイトルの内容へ踏み込む本題はここからである。

 

デオキシスはなぜ宇宙にいたのか?

 デオキシスの図鑑説明には、上記の通り隕石に付着したウイルスがレーザーを浴びてポケモンになったと書かれている。

 ここから理解できるのは、地球に飛来した隕石からデオキシスが誕生したということ、そしてウイルスをポケモンデオキシスたらしめる「レーザー」という何かが地球上には存在しているということだ。

 

 何が言いたいのかと言うと、これらを逆説的に読解した場合「宇宙にはデオキシスは存在しない」ということになる。

 デオキシスはあくまで地球上で隕石とレーザーが接触を果たした際に誕生するポケモンなのだ、と図鑑では表記されていたのがこれまでのポケモン図鑑であり記録する博士達が調べることのできる範囲内での説明だった。

 

 しかし、エピソードデルタではそれを大きく覆す事象が発生した。

 それがラストに突如として現れるデオキシスとの戦闘である。

 空の柱へ向かう隕石に付着していた三角形の何か(誕生の島に現れたオブジェクトと同様のものと見られる)はレックウザの攻撃により砕けた隕石から姿を現し、宇宙空間でデオキシスが登場した。

 起こり得ないと言われていたことが起きてしまったのだ。

 加えて、飛来した隕石が空の柱に向かっていたのはデオキシスが軌道を操作していたからという事実までもが判明する(エピソードデルタクリア後のトクサネ宇宙センター職員のイベントより)。

 

 この事態を受けて、筆者は二つの可能性を考察し本記事で挙げることとした。

 まずひとつは「惑星デオキシス」、次いで「フォルムチェンジ≒メガシンカ」だ。

 それぞれ順を追って解説していこう。

 

惑星デオキシス

 宇宙でもデオキシスが存在できるのはなぜか?

 それは、宇宙空間のどこかに地球上の「レーザー」と同じものが存在している星があるからなのではないだろうか?

 今回は仮にその星を惑星デオキシスと名付け、どういった理由で地球にやってきたのか仮説を立ててみた。

 

 惑星デオキシスでは、今から何億年と前の地球と同じようにウイルスの姿からデオキシスというポケモンに変化したばかりの個体が意思と文明を持ち暮らしていた。

 デオキシスたちはそれぞれにノーマル、アタック、ディフェンス、スピードと、ある程度姿を変化させ生活していたが、全てのデオキシスに通ずる意識として、三角形の形を本能的に探し求めるようになっていた。

 ある時、いくつかのデオキシスは惑星外の宇宙という暗黒空間でも自分たちが活動できることに気付いた。

 そして、デオキシスたちは遠く暗い宇宙の先に自分たちの惑星と同じ「レーザー」の存在する惑星、地球を発見した。

 目的は文明の発展か、ただの興味本位か、それとも侵略か。

 自らの姿を再びウイルスにする個体や三角形の物体へ変化させる個体など、様々なデオキシスが現れた。しかし、どの個体も流れる隕石を渡り、長く永い時間をかけて地球を目指した。

 やがて地球が近づくと、デオキシスたちは自らの求める三角形の本能に従い、ある個体は誕生の島へ、またある個体は空の柱へ誘われるように向かうようになっていった。

 こうして、地球に無事に辿り着くことのできたデオキシス達は人間やポケモンという種族を知ったのであった。もっとも、人間からは「宇宙からやってきたウイルスがレーザーを浴びた結果誕生したポケモン」と認識されてしまったのだが。

 

 というのが筆者の打ち出した仮説その1「惑星デオキシス」だ。

 しかし、仮説ではあるもののデオキシスを始めとした何らかのコミュニティが地球の内外を問わずに存在している、というのは映画「裂空の訪問者デオキシス」の1体目(胸の水晶が紫色の個体)のデオキシスの個体が仲間を探していたという描写を見るにまず間違いないだろうと考察できる。

 以上の仮説が正しいとするならば、宇宙にはデオキシス以外にもまだ見ぬ新たなポケモン達が潜んでいる可能性も十分に考えられるのではないだろうか。

 

フォルムチェンジ≒メガシンカ

 「惑星デオキシス」では「エピソードデルタ時に現れたデオキシスはどこからかやってきたもの」とする場合の話だったが、今回のフォルムチェンジ≒メガシンカ」は「エピソードデルタ時に現れたデオキシスは本当にその場で誕生していた」とする場合の仮説だ。

 

 これはデオキシスではなく、もしもポケモンの身体を持つ以前の段階であるウイルスの時点でデオキシスとなる知能や意志が存在していると仮定した場合の話だ。

  エピソードデルタで遭遇するデオキシスがもしもその場で誕生していたとするならば、それはすなわちあの場に「レーザー」となる何かが存在していたという動かぬ証拠となる。

 あの場に存在していた「レーザー」になり得る何か。

 それは当然ながら、あの場にいた最も力の大きなもの、メガレックウザに他ならない。

 周知の通り、メガレックウザは現存するポケモンの中で最も異質なメガシンカを使用する。そして、そのメガシンカは異質であると同時に最強の力をも備える。

 そして、最早最強というよりもメガレックウザ自身がメガシンカの概念であると言い換えることができるだろう。なぜなら、レックウザの体内にメガシンカエネルギーが累積されているのならば、それはポケモンでありながらメガストーンでもあるということになるからだ。

 つまり、デオキシスをウイルスからポケモンたらしめた「レーザー」とはまさにメガシンカのエネルギーに他ならない。

 メガシンカエネルギーを浴びたウイルスは、その力によって急速な進化を経て我々の知るデオキシスを構成した。

 さらに、ポケモンとしてのデオキシスが誕生する際、メガシンカという姿の変化を学んだ結果習得したもの、それこそがまさしくフォルムチェンジシステムなのではないだろうか。

 残念ながら、デオキシスは姿を変えることこそ可能となったものの能力を上昇させる本当のメガシンカまでは至ることができなかった。当然である。メガシンカとは、人の心や思いといったエネルギーとポケモンの力が合わさって初めて実現されるものなのだから。

 しかし、逆に言ってしまえば、もしもメガシンカからフォルムチェンジを学んだデオキシスが今後人間との友好的な接触を経た場合、メガデオキシスというのはそう遠くない未来、どこかで目にすることができるようになるのかもしれない。

 

 以上が仮説2「フォルムチェンジ≒メガシンカ説」である。

 仮説1で提唱したデオキシスのコミュニティ文化とは、少し意見が食い違う結果となってしまった。

 しかし、デオキシスを「惑星のようなコミュニティからやってきたおかげでコミュニティ文化を持ち合わせているポケモン」ではなく「本能として誕生した直後からコミュニティ文化を持ち合わせている高い知能指数を持つポケモン」として解釈するのであれば、矛盾は発生しないとも言えるのではないだろうか。

 この仮説が正しいとするならば、メガシンカのパワーというのはデオキシス以外にも数多くの何かをポケモン、あるいは他の生命体たらしめる存在へと昇華させてきたエネルギーなのではないだろうか。

 

 

 

 ●あとがき

 とまあ、二つの仮説を並べてここまで書いたわけですが、正直言って二つに分ける理由が「わかりやすいから」「解説しやすいから」ぐらいしか結果的にはなくなってしまいました。

 今回解説した二つの仮説は読んでいただければわかる通り、どちらの説もある程度存在する可能性があり、且つ両立する可能性も存在します。

 しかし、相変わらずポケモンの世界観そのものはやっぱり未知数で、どうなるかは書いた僕にも皆目見当がつきません。

 ですが、こうしてあれこれ考察していくのはやっぱり楽しいですしポケモンの醍醐味という気持ちもします。

 同じようなテーマでまたもうひとつポケモン考察記事を書こうとも考えていますが、またそれは別のお話。

 なんにせよ、仮説とはいえ今回の記事でまた感じられるポケモンの世界が広くなったよという方がいらっしゃれば幸いです。メガデオキシスとか僕も見てみたいですし。

 それでは、ここまでお付き合いありがとうございました。 

 良きポケモンライフを。

 

補足追記:今回は宇宙からやってきたポケモンであるデオキシスについて触れましたが、使用したポケモン世界における宇宙観、メガシンカ観についてはこちら↓

first1178.hatenablog.com

 も合わせて読解していただければなおわかりやすいかなと思います。

 べ、別に宣伝ってわけじゃないんだからね!(終)